• Publication

メキシコにおける社会保険及び給与税

Date:

View PDF

メキシコ社会保険機関(IMSS)は、本機関に登録されている従業員に対して医療を提供し、労災時には必要な保 険を提供することを主なミッションとしています。政府機関としてこれらのサービスを提供するための資金繰りと して、雇い主に対し、IMSSへ毎月の支払いを義務付けています。この支払いは二部から成り立っています。

一部は、労働者自身が支払います。給与支払い時に雇い主が一定額を源泉徴収することが義務付けられています。

もう一部、雇い主が直接支払いを行い、損金計上します。

この社会保険の支払いは、IMSSに対して毎月行われます。支払い納期は各月の17日で、例えば1月分の支払いは 、翌月である2月17日までに済ませなくてはなりません。

労働者用住宅基金

国家労働者住宅基金(INFONAVIT)は、包括的な形で労働者の生活の質の改善を目的とし、長い労働人生および 退職後においてより持続的に財産を増加できるよう住宅購入または改造のために経済的な選択肢(低利子の賃 付け、または、投資信託)を提供するものであります。本目的の資金として、雇い主は隔月ごとにINFONAVITに対し 支払いを行うことが義務付けられています。

一部は、労働者自身が支払う(INFONAVITからの貸し付けを受けられた場合に限る)、この支払いは、雇用主が給 与支払い時に一定額を源泉徴収することが義務付けられています。

もう一部は、雇用主が直接支払いを行い、損金計上します。

これらのINFONAVITの支払いは、隔月で行い、納期は翌月の17日です。例えば、1月と2月の支払いは、翌月である 3月17日までに支払いをすませなくてはなりません。

退職用積立金(SAR)

退職用積立金(SAR)は、年金制度に補足的に存在するものであり、退職時にいくらかの積立金があり、退職時の年 齢および状況に適した経済的必要性を賄うものです。本制度の資金として、雇用主は、隔月でSARに対し支払いを 行うことを義務付けられています。例えば、1 月と2月の支払いは、翌月である3月17日までに支払いをすませなく てはなりません。

源泉徴収ISR

アメリカ合衆国などの他国と同じく、労働者が得る給与には適用する所得税(ISR)が源泉徴収形式で課せされま す。源泉徴収は、雇用主が労働者に対し給与支払いを行う際に、実施され、源泉徴収のISR率は給与額により 1.92%から35%(上限)の間で決められます。

助成金

月給が、$0.01ペソから$7,382.33ペソまでの労働者には、政府より$217.61ペソから$407.02 ペソまでの助成金が 授与されます。

雇用主はこれらの源泉徴収を毎月実施し、翌月の17日までに支払いを行わなくてはならない。

給与税(ISN)

メキシコ合衆国全州にて、雇用主は、「給与税(ISN)」と呼ばれる州税を支払う義務があります。この税金は、1ヶ月 間に従業員に対し実質支払われた額の総額に対して計算される。税率は、州により違うが、0.5%から3%です。

雇用主は、ISNを毎月支払う義務があり、翌月の17日までに支払いを行わなくてはなりません。例えば1月分の支 払いは、翌月の2月17日までに済ませなくてはなりません。

さらなる情報につきましては、お気軽に弊社までお尋ね願えます。