• Publication

従業員利益配当

Date:

View PDF

従業員利益配当(略称:EPSP) [スペイン語表記:Participacion de los trabajadores en las utilidades(PTU)]は、憲法第123条および連邦労働法(LTF)に基づき、法的効力を有します。本法律では、従業員は所得税法(LISR) に基づき確定された企業利益の10%に参加する権利を有することを定めています。 よって、所得税法に基づき利益を確定させる方法は、次の通りです。

よって、所得税法に基づき利益を確定させる方法は、次の通りです。
tabla1_employee_profit_sharing_plan_jpn-091551.png
前結果(財務結果)に対して、現在有効な割合である10%を適用して算出された額が、次の例 の通りように、従業 員に対して配当されるPTUの額です。
tabla2_employee_profit_sharing_plan_jpn-091551.png
配当の仕組み

労働法第123条および124条は、各従業員に対しPTU配当額計算方法を定めている。法令は、次のように明記をし ています:

労働法第123条 -「・・・・・配当可能な利益は、次の二つに分けられる。」 

一部は、各従業員の年間労働日を考慮し、各人の給与額は独立した形で、同額をすべての従業員に配当する。

もう一部は、年間を通し支払いを行った給与額に応じて配当する。
tabla3_employee_profit_sharing_plan_jpn-091552.png
さらに、労働法第127条では、次のようにPTU配当実施について制限を設けている:

PTU配当対象従業員の権利を次のように規定する: 

I. 代表者、経営者、部長は、利益配当に参加しないとする。 
II. その他の従業員は、所属する会社の利益配当に参加するものとする。 
III. 労働者への支払額は、製造業、財産管理業、賃付金のサービスに限り、1ヶ月の給与額を超える ことは認められない。 
IV. 母親である労働者で産前、産後休暇期間、および労災による休職中の期間についても稼働日と考 慮すること。 
V. 建設業界においては、従業員で配当金対象者を決定した後、第125条で定められている内容に基 づき、配当金が決められる。 
VI. 家事労働者は、配当金には参加しない。 
VII. 短期労働者には、少なくとも70日間企業に対してサービスを提供した場合、配当金への参加権 利が発生する。 

さらなる情報につきましては、お気軽に弊社までお尋ね願えます。